左から
ベビー・ウクレレ
ソプラノ・ウクレレ
コンサート・ウクレレ
テナー・ウクレレ

ナ レオウクレレ教室
 所在地
  東京都日野市多摩平
            5−3−6
   ナレオクッキングサロン内
     電話 042-581-4468

ウクレレの大きさ比較

  クリックして拡大

☆ホーム ★ メール ☆リン
本文へジャンプ
 









在庫の多い専門店で購入しましょう。写真は左からCeniza、Tangi、Gibson、Famous
日野市のウクレレ教室、ウクレレスクールです。

大きさも色々あります。自分の手、目的に合ったウクレレを選びましょう。



ウクレレにも色々な種類、大きさがあります。

 ウクレレを大きさで分類すると、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトン な どがあります。
 普通は4弦ですが、6弦、8弦もあり、低音を補強したLow-Gなど、調弦も工夫しています。

弦のメーカーの選択、種類選びも重要です。

 弦を替えたら音色が変わります。意外と音程も変わることをご存じですか。 3 弦のように太い弦が、なか
 なか合いません。使う 弦を決めて、調整することが必要かも知れません。太さが変わると再調整するよ
 うになることもありま す。
 音程の正確なウクレレと、そうでないものの区別は難しいので、詳しい人に選んで貰いましょう。
 当教室でも、楽器選びのお手伝いをします。
 当教室では、フェイマスのギヤペグ付きウクレレ (FS-1G、FS- 5Gなど) を お勧めしています。


ある日のレッスン後。教室で使った ウクレレです。
種類と表面板材質 メーカー 特  色
マンゴー材のパイナップル タンギ 澄んだ音。音の通りも良く目立ちます。ハワイのメーカーでも、それほど高価では ありません。
コア材のコンサート VG
寺田楽器
乾いた少し固い音。音量も大。国産ギターメーカーも良い物を作るところが増えま した。
マホガニー材のコンサート VG
寺田楽器
甘い音色。ローGで講師用て使用。ステージでも使う楽器です。ウクレレソロに ぴったり。
マホガニー材のソプラノ ギブソン とても軽くて、透明感のある音。小さくても音量がある。年代物で収集対象の品 か?
マホガニー材のソプラノ マーチン 乾いた大きな音。使う生徒さんも驚くマーチン3M。弦が合わないのか固い音で響 く。
パイン材のコンサート ケリー ギア式のベグ(糸巻き)。音質、音量だけでなく、抜けの良い音。コンサートで使 うことも多い。
コア合板のパイナップル フェイマス 普及タイプですが十分使える音質、音量。音程も良い。初心者には安心。お勧めの メーカー。


これまで、ウクレレの材料は「ハワイアンコア」が最良と言われてきましたが、ハワ イでも、コア材の保護が進められており、手に入りにくくなっています。
マホガニーは甘い音色で、優れた木材ですが、最高品質と言われる「ホンジェラス・マホガニー」も伐採が制限されています。
今、スプルースやパイン、マンゴーなどでも素晴らしい音質のウクレレが作られています。
合板のウクレレは、価格も安く、フェイマス製のウクレレのように、良心的に作られている楽器をお奨めしています。
国内のメーカーが増えています。国産はハワイ産と比べて丁寧な作りが多いようですが、初心者には勇気の要る金額です。しかし安い楽器は注意が必要です。た とえ高価でなくとも上記のフェイマスやルナ、なら安心です。楽器選びに迷ったら、最初の一台としてお勧めのキワヤ商会さんのウクレレです。