草競馬

ユー・アー・マイ・
       サンシャイン


浜辺の歌

好 きにならずに
      いられない

ナ レオウクレレ教室
 所在地
  東京都日野市多摩平
            5−3−6
   ナレオクッキングサロン内
     電話 042-581-4468

デモ演奏はこちら

  曲名をクリックしてください。
演奏
 冨本講師
 脇野講師

☆ホーム ★ メール ☆リンク
本文へジャンプ
 









コード(和音)を少しずつ覚え、リズム伴奏を練習します。音符が分からなくてもOK。
日野市のウクレレ教室、ウクレレスクールです。

慣れてくると、いつのまにか押さえられるようになっていて、びっくり!



最初はハ長調からレッスンを始めます。三つのコードを覚えます。

ハ長調(C)の主要三和音(3種類のコード)で、多くの曲を弾くことができ ます。
G7(ジーセブン)が難しくて悩んでいても、数回のレッスンで、「何で悩んでたの?」となります。


 Cコードの押さえ方  Fコードの押さえ方  G7コードの押さえ方
 



右手の形と弾き方(ストローク)

初めは右手人差し指でのストロークが中心となります。弾きおろす(ダウ ン)、上げる(アップ)の組み合わせを練習します。
小指、人差し指、親指のローリング(三つの指で連符のようにジャラーンと弾く方法)までが初心者コースです。


ストローク  人差し指の
アップ・ダウン
 親指・中指1  親指・中指2 親指・人差し指・
小指の3本を使う
弾き方説明
使う指は?
初めは、右手人差し指を上から下へ打ち下ろす弾き方を練習します(ダウンストローク)。慣れてきたら、下ろした指を上 げる時に再び弦に触れ弾く奏法も(アップストローク)取り入れます。 フラソングで多く見られる奏法です。右手親指と人差し指を、軽く触れた形にしておきます。ダウンするときは人差し指の 爪を、弦に叩きつける用に弾きます。  左の形のまま、アップをする時、親指の爪を利用して弾きます。厳密には、アップ・ダウンとも両方の指(爪)があたりま すので、大きな激しい音になります。  5本の指を順番にかき鳴らすローリングも使いますが、親指、人差し指、小指をいつでも使える用に しておくと、3連符、細かいストロークや3本ローリングにすぐ対応できます。
 写真
クリックで
拡大